サンプル画像

消臭石鹸の選び方

消臭石鹸はどのように選べば良いのでしょうか?
商品の説明をみるとどれも効き目を強烈に宣伝しているので、指針となるものがないと選択し切れませんね。

選択するのに最も適した切り口は成分です。これは化粧品やサプリメントなどを選ぶときもかわりません。

なぜならその製品の根本をつくっているのが成分だからです。その製品の性能のほぼ全ては成分により

決まるといっても過言ではありません。

それでは消臭石鹸はどのような成分から出来ているのでしょうか?

主だったものを列挙してみると・・・

・汚れを除去する成分を配合 (炭 ミョウバンなど)
・消臭成分(柿 茶など)
・抗酸化成分(香草 生姜など)

その他・・アロマなどの精油成分等

消臭石鹸というのは上記の4つの成分の組み合わせで出来ています。

自分が選ぼうとしている石鹸が一体どのような効果を狙って開発されたかを知るために重要な手がかりとなります。

アロマの成分をを強く打ち出した商品はマスキングを主目的として開発された商品です。マスキングというのは臭いをアロマの香を上から被せることにより、臭いをわからなくするということです。文字通りニオイの成分にマスクをすることです。

消臭石鹸によく使われる柿渋はタンニンとを多く含んでいます。

ポリフェノール(消臭成分) お茶にもタンニンが含まれていますが柿渋のそれは約70倍にも及ぶのです。柿渋の消臭の仕組みは化学的に臭い結合し、違う物質(ポリフェノール付加化合物)に変化させることで消臭をするのです。

汚れを除去する成分は皮膚の中に詰まった皮脂をきれいに除去することで、臭いの元になる皮脂の酸化をおこさせないようにする方法です。またミョウバンには肌を引き締める効果もあります。

抗酸化成分とはビタミンCに代表されます。抗酸化とは、体内で生成される活性酸素を抑え、体内から生成されにくくすることを言います。ストレスや喫煙などで老化しやすい肌を守り若々しい肌を保つためには抗酸化成分が必要不可欠と言われています。

消臭石鹸の中で最も種類が多く発売されているのが、「加齢臭の消臭を目的とした石鹸」です。なぜなら加齢臭はもっとも消臭しにくい臭いの一つだからです。石鹸メーカー各社が上記の4成分の働きを駆使し消臭石鹸の開発をしています。

もっとも種類の多い石鹸=もっとも技術が試されている石鹸

と言い換えることが出来るのです。

人間が発する臭いのほとんどは原因が似通っていることもあり、もっとも消臭しにくい加齢臭をきれいに消し去ることができる消臭石鹸は、他のにおいに悩んでいる人たちにとっても有効な場合が数多くあるのです。

一見まったく違う原因によって引き起こされているいるような臭いの悩みも、原因を調べていくと似通っていることが実に多いのです。基本的にどの消臭石鹸も上記の4つの成分の組み合わせによって開発されています。

どの分野に重点をおいて開発した消臭石鹸かを見極めることが、自分にあった消臭石鹸を選ぶのに大切なのです。



トラックバックURL

http://adamgreenmedia.com/%e6%b6%88%e8%87%ad%e7%9f%b3%e9%b9%b8%e3%81%ae%e9%81%b8%e3%81%b3%e6%96%b9-7.html/trackback

コメントはまだありません»

コメントはまだありません。

コメントする

口臭・体臭(足など)・汗の臭いを消す消臭サプリメントを選び方
女性のお悩み 即時登録相互リンク集
おしりぶつぶつ
自動相互リンクPlus
misono式ダイエットとは