サンプル画像

消臭石鹸

消臭石鹸の使い方

消臭石鹸を使用するにはまず自分の体臭について調べる必要があります。なぜならその体臭の強弱によって使用する石鹸を選択する必要があるからです。跡で述べますが必要以上に消臭石鹸を使用することはオススメできないのです。さらに消臭石鹸はコスト面から見ても一般の石鹸よりも高価なものが多いので自分の体臭に応じて正しい使い方をすることで節約にもなります。

 

今回は最もお手軽にそしてすぐに体臭を確認する方法をお教えします。確実に体臭の強弱を測るには器具などが必要となりますが手間もコストもかかるために簡便に出来る方法から始めてみましょう。この方法は実際に美容外科などで採用されている方法で簡便ですが、ある程度体臭の強弱がわかるオススメな方法です。

 

まずサランラップを用意しそのサランラップを適当な大きさに切り取ります。オススメのサイズはB6(B5の用紙の半分)程度のサイズです。切り取ったサランラップを臭いが気になる部分にこすり付けます。ワキガの方はわきの下に、スソワキガの方はデリケートゾーンに、そして加齢臭の方は耳の後ろをこすると良いでしょう。サランラップを使用する理由はサランラップに使用されている樹脂がほぼ無臭だからです。無臭の樹脂に体臭をつけることによって確実に自分の体臭を確認することが出来るのです。

 

サランラップについた体臭を嗅ぐ前に、できればシャワーを浴びて服を着替えてフレッシュな空気の臭いを吸い込みます。そして出来るだけ臭いのしない場所でそのサランラップについた自分の体臭を確認してみましょう。このようにする理由は人間の鼻は環境に適合するようにできているために、きっちりとリセットしてから臭いを嗅がないと本当の体臭のレベルがわからないからです。可能であれば自分以外の誰かに臭いを嗅いでもらうとより確実に体臭の強弱がわかります。

 

◎始めに体臭の強弱を下記の3つのレベル分類します。あくまでも簡便な方法なので3段階程度で良いでしょう。

レベル1 臭わない或いはあまり臭わない。

レベル2 やや臭う 少し臭う程度である。

レベル3 強烈な臭いがする

◎次の項目を確認してみてください。

□ 耳の垢がウェットタイプである(湿っている)。

□ 両親・もしくは片親に体臭がきつい人がいる。

□ 汗を掻き易く黄色いシミが出来る。

□ 腋毛が多く剛毛である。

 

二つ以上チェックがある場合はレベルを一つ引き上げてください。たとえば「やや臭う 少し臭う程度である。」の人でもチェックが二つ以上あればレベル3とします。この判定によって消臭石鹸の使い方を提案します。

◎レベル別消臭石鹸の使い方

レベル1 消臭石鹸は必要ないでしょう。

レベル2 普段はミョウバン石鹸など一般の石鹸よりはやや消臭能力の高い石鹸を使用するのがオススメです。屋外にいた時間が長い日や暑い日そして汗を多く掻いた日などに消臭石鹸を使用するのが良いでしょう。目処として1週間に1度程度の使用から始めて消臭できない場合頻度を増やすと良いでしょう。

レベル3 竹炭やジャムウそして柿渋などが配合された消臭石鹸を使用してください。しっかりと洗いこむことが必要なので毛穴のおくまで泡を入れ込んで丁寧に洗い上げてください。あわ立てネットを使用すると泡のキメがこまかくなり毛穴のに溜まった皮脂を落としやすくなります。

体臭の症状の軽い人に消臭石鹸の使用をオススメしないのは、もちろんコストの問題もありますが、それ以上に殺菌力の強い消臭石鹸を使用することで皮膚の表面にいる有用な菌を殺してしまうことを避けることが必要だからです。

体臭が強烈な人は皮脂が酸化して菌が繁殖しているので消臭石鹸でよく洗うことで皮膚の表面を清潔に保つことが出来ます。

 


くさい臭いを消臭!頭や足の汗そして口臭・便臭等のにおい対策は

くさい臭いを消臭!頭や足の汗そして口臭・便臭等のにおい対策としてまずはじめに考えるべきことは、消臭の目的を明確にすることです。消臭の目的は具体的なほど対策がとりやすくなります。

 

たとえば「明日のデートに間に合わせるように消臭をしたい」ということであれば選択肢から消臭サプリは外れて、口臭に悩んでいれば消臭歯磨き わきなどの体臭で荒れば消臭デオドラントや消臭石鹸などが候補となります。

 

逆に根本的にある程度長い時間かけて慢性的な悩みである臭いの元を、体の内部から消臭したい場合には、様々な対策をとりながら消臭サプリを補助的に使用すると効果的ですね。

 

次に臭いの種類によっても使用するアイテムは違ってきます。消臭デオドラントの中にも「女性特有のにおいに強い消臭デオドラント」「子供も安心して使える消臭デオドラント」「男性用に開発された消臭デオドラント」など幅広い商品がありますので、自分の臭い対策に合ったものを的確に選ぶことが大切です。

 

更には消臭の用途によっても選択するアイテムが変わってまいります。一口に消臭と言ってもたとえば、ニンニクを食べた後にエチケットサプリ的に消臭サプリを使いたい人と、強烈な加齢臭を消し去りたい人では当然選ぶアイテムが異なってきます。

 

加齢臭は臭いの中でも特に消臭しにくいことで有名です。消臭石鹸は各社とも加齢臭をターゲットにして開発をしているという事実もあります。そのことから消臭石鹸を選ぶ際には加齢臭に対してどのくらい消えるかというのは一つの大きな判断材料になると言えます。


売れ筋の消臭石鹸

消臭石鹸

【特徴】
加齢臭対策の消臭石鹸としてもっとも有名な石鹸の一つ。
強い体臭に悩んでいる人向けの消臭石鹸です。手ご
わい加齢臭を綺麗に消し去ってくれると評判です。

 

 
足の臭いが簡単にとれるということで足に使用している
人も多いようです。

 

 
「今まで何を使ってもだめだった」という人の臭いがとれる
と口コミで評判になっています。
 

 
しかしながら・・・・
 

 
皮脂を除去する力が強力なので乾燥肌の人は注意して使用する
必要があります。アトピーなど極度に乾燥している肌の人は
使わない方が良いかも知れません。
 

 
柿渋石鹸はブランド力もあり安心感があるためか女性にも
人気となっているようです。加齢臭対策としては、今もっとも
売れている消臭石鹸です。>>>詳しくはこちら
 

 
agi

【特徴】
強烈に加齢臭を改善する石鹸として有名。雑誌にも取り上げられる
ことが多くファンも多いのでパッケージなど見たことがある人も
多いのでは?
 

 
竹炭で吸着して臭いの元を取り除いた後に銀の力で抗菌しますが、
加齢臭を消臭すると言う意味ではやや物足りなさも・・・・。
 

 

ナノシルバーコロイドの働きである程度の臭いは除去できるので
加齢臭以外の消臭には良いかも知れません。
 

 
洗顔も洗髪もコレ一つで済むので面倒が嫌いな男性にウケている
消臭石鹸です。>>>詳しくはこちら
 

 
kakieti

【特徴】
柿渋エチケットソーププレミアムは定番の柿渋ソープ(石鹸)
です。加齢臭もある程度落としてくれますが、颯香力(そう
こうりょく)に比べるとやや効き目が弱い感じ・・・・。
 

 
その分肌には優しいのかも知れませんが、加齢臭を落とした
い人にはやや物足りなさも・・・・。
 

 
昔から柿渋は消臭効果があると言い伝えられていましたが、
改良を繰り返すことで柿渋の配合率を劇的に増加させたのが
この石鹸です。
 

 

定番の石鹸らしく女性にも男性にも平等に人気があるこの
石鹸は特に汗の臭いに効果があるようです。ワキガの愛用者
も多いようです。>>>詳しくはこちら
 

 
deora

【特徴】

ボディーソープ「DEORA」デオラは加齢臭対策として
開発された消臭石鹸です。消臭石鹸には珍しいポンプタイ
プなのも人気の理由かもしれません。
 

 

加齢臭もある程度落としてくれるので洗浄効果も高いと
言えますね。パッケージのイメージのせいか、女性の
使用者は少ないようです。

 

 

強烈な臭いで困っている男性に支持されています。消臭の力
は強力です。この石鹸も乾燥肌の人や肌の弱い人は注意して
使用してください。>>>詳しくはコチラ
 

 
jamu

【特徴】

女性の一番人気はこちらジャムウ ロンタル ハーバル ジェル
ソープです。デリケートゾーンに強いという評判で使用した女性
からは「おりもの」の臭いが気にならなくなった。という意見多数。
 

 

またジャムウ ロンタル ハーバル ジェルソープを塗ると足の臭いも
軽減されるという感想もよく聞きます。パッケージがおしゃれなのも
女性にウケている理由だと思います。>>>詳しくはこちら


消臭石鹸の選び方

消臭石鹸はどのように選べば良いのでしょうか?
商品の説明をみるとどれも効き目を強烈に宣伝しているので、指針となるものがないと選択し切れませんね。

選択するのに最も適した切り口は成分です。これは化粧品やサプリメントなどを選ぶときもかわりません。

なぜならその製品の根本をつくっているのが成分だからです。その製品の性能のほぼ全ては成分により

決まるといっても過言ではありません。

それでは消臭石鹸はどのような成分から出来ているのでしょうか?

主だったものを列挙してみると・・・

・汚れを除去する成分を配合 (炭 ミョウバンなど)
・消臭成分(柿 茶など)
・抗酸化成分(香草 生姜など)

その他・・アロマなどの精油成分等

消臭石鹸というのは上記の4つの成分の組み合わせで出来ています。

自分が選ぼうとしている石鹸が一体どのような効果を狙って開発されたかを知るために重要な手がかりとなります。

アロマの成分をを強く打ち出した商品はマスキングを主目的として開発された商品です。マスキングというのは臭いをアロマの香を上から被せることにより、臭いをわからなくするということです。文字通りニオイの成分にマスクをすることです。

消臭石鹸によく使われる柿渋はタンニンとを多く含んでいます。

ポリフェノール(消臭成分) お茶にもタンニンが含まれていますが柿渋のそれは約70倍にも及ぶのです。柿渋の消臭の仕組みは化学的に臭い結合し、違う物質(ポリフェノール付加化合物)に変化させることで消臭をするのです。

汚れを除去する成分は皮膚の中に詰まった皮脂をきれいに除去することで、臭いの元になる皮脂の酸化をおこさせないようにする方法です。またミョウバンには肌を引き締める効果もあります。

抗酸化成分とはビタミンCに代表されます。抗酸化とは、体内で生成される活性酸素を抑え、体内から生成されにくくすることを言います。ストレスや喫煙などで老化しやすい肌を守り若々しい肌を保つためには抗酸化成分が必要不可欠と言われています。

消臭石鹸の中で最も種類が多く発売されているのが、「加齢臭の消臭を目的とした石鹸」です。なぜなら加齢臭はもっとも消臭しにくい臭いの一つだからです。石鹸メーカー各社が上記の4成分の働きを駆使し消臭石鹸の開発をしています。

もっとも種類の多い石鹸=もっとも技術が試されている石鹸

と言い換えることが出来るのです。

人間が発する臭いのほとんどは原因が似通っていることもあり、もっとも消臭しにくい加齢臭をきれいに消し去ることができる消臭石鹸は、他のにおいに悩んでいる人たちにとっても有効な場合が数多くあるのです。

一見まったく違う原因によって引き起こされているいるような臭いの悩みも、原因を調べていくと似通っていることが実に多いのです。基本的にどの消臭石鹸も上記の4つの成分の組み合わせによって開発されています。

どの分野に重点をおいて開発した消臭石鹸かを見極めることが、自分にあった消臭石鹸を選ぶのに大切なのです。


« 前のページ
口臭・体臭(足など)・汗の臭いを消す消臭サプリメントを選び方
女性のお悩み 即時登録相互リンク集
おしりぶつぶつ
自動相互リンクPlus
misono式ダイエットとは